コマーシャルがリニューアルされて残念です

某大手建築会社のコマーシャルで、せっかくきにいっていたものが、リニューアルされてしまい、残念に思っています。

とても庶民的で、服装も、とても安っぽいのがリアルで良かったのですが、かっこいいご家庭に変更されてしまい、これでは、馴染みが薄いなあと思ってみていました。なぜ、変わってしまったのでしょうか。余りにもリアルなので、悲しくなってしまったのかもしれませんね。

実際には、あれほどの豪邸が立てることはかなわないのではないでしょうか。せいぜい、3階建ての狭小住宅です。それでも、あの若さで、建築できるのは、すごいことだと思っています。昔は、40代が多かったのではないでしょうか。

最近は、コマーシャルではありませんが、お若いご夫婦が新築分譲住宅を購入していることが多いそうです。知り合いの建築をしている方が、お話されていました。頭金無しで買っているようです。すると、2500万円クラスの家でも、最終的には、5000万円ぐらい払わないといけないようです。

20代で購入しても、70歳までかかるそうです。すると、長いですよね。途中、お金もいりますから、ローンの金額を少なくするのだそうです。そのようにして、期間を長くしているのだそうです。払い切ることには、2倍の建築耐用期間が過ぎていそうですね。

住宅ローンの金利の低さは、多くの若いご夫婦が家を手に入れるのに、力を貸しているといってもいいです。ただし、やはり、あのコマーシャルのような大きな家でないと、とても出ないですが、50年は住むことは叶いそうもありません。

最近のご夫婦は、はらりがとても好きなようで、車がなければ、バイクを2代並べてみたり、自転車を並べてみたりと、車の経費を削減して、そのほうかにオカンを回している人が多いようです。どちらがいいとも言えません。

お子さんが生まれたりすると、どうしても、くるあmは必要になりますから。お金は掛かる一方になるようです。